キャンプをしてみて思ったこと

一緒に仕事している人たちとキャンプをしてきた。
キャンプしてみて、いくつか思ったのでメモしておく。

・集合時間には余裕をもって。
 めっちゃ遅刻してしまった。
 バイクに荷物を積む時間を計算に入れてなくて、結構時間が掛かっていたり。
 高速道路を使ったら事故渋滞に合い、遅刻の連絡する為にSAに入ったら駐車場出口渋滞にもハマり…
 そもそもナビの時間表示も信号待ちは計算に入ってないし、理想値過ぎて全然余裕なし。
 知らない道には、充分な余裕が必要だった。

・バイクに荷物を積む時は、事前に振動対策が必要。
 自分のバイクはサドルが結構ふかふかなので、しっかり締めたつもりでも振動で荷物が動く。
 特にボックス類を締め付け固定する場合は、前後にズレないような対策が必要。
 これは、ツーリング用の大容量のバイクバッグを使った方が良さそう。

・撤収作業も結構時間が掛かる。
 洗い物は2時間前には終わらせて、撤収作業に集中できるようにした方が良い。
 撤収時もテントの収納は最後になってしまうので、収まる場所はなるべく最初から確保しておいて、
最後に入れればOK。という状態にしないと、荷物が揃わないと収納パズルが始められない。という状況だと撤収時間に間に合わない可能性大。
 あと、バイクへの積み込み時間も慣れないうちはやり直し…なんてことになりかねない。
 ※積載に必要なフックやロープを荷物の奥に仕舞い込んでいて再開梱なんてことになったら目も当てられない…

・材料をあまり買い過ぎないように。
 あれを食べよう。これも食べたい。とか思ってると、ついつい買い過ぎて撤収時に困る。
 特に生鮮食品。帰りにはただのゴミ扱いに成りかねないので、気を付けたい。

・仕込みは大事。
 キャンプ場で炊事をするにも、場所が必ず使えるとも限らない。
 まな板もない環境で料理。みたいなパターンもあり得ると考えたら、基本的に材料を放り込めばOKな料理がベスト。手間のかかる料理を食べたい場合は、事前に仕込んで持っていくのが理想的。
 ジャガイモやニンジンなら、まな板なくてもいいけど。たまねぎやキャベツを切るのはちょっと無理だろう。事前に、家でシミュレーションついでに試してみればわかる。

・一人用テントは暑い。4人用テントに1~2人では寒い。
 容量に対しての発熱量の問題。
 大きいテントを使う時も寝る人数を計算しないと、時期によっては寒い。
 逆に、一人用テント基本的にちょっと暑い。そのせいで結露もしやすい。撤収時にも困るので、撤収時に使うふき取り用の乾燥した雑巾は必ず2枚くらい持っていきたい。あと換気用の穴もちゃんと開けておかないと熱がこもる。「閉じておかないと寒いだろう」と思うかもしれないけどまずは開けておき、どうしても寒い時に閉じる方が良さそう。
 あと、寝る時にミズノのブレスサーモ系の下着を一揃え用意しておくと快適に眠れる。あと、首元がジットリ濡れないように頭の下に敷くバスタオルを用意しておくといい。ブレスサーモの布団というのもあるので、汗かきの人とか気になる人は検索してみればいいかもしれない。

・耳栓の用意を。
 神経質な人は、寝る時用に耳栓の用意を。
 消灯を過ぎても騒ぐ輩は、どこにでもいる。キャンプなら尚更だった。
 人によっては、川のせせらぎや虫の声が気になる場合もあるだろう。キャンプの醍醐味なのだけど、気になる音はシャットアウトできるように用意くらいはしておいた方が楽しく過ごせる。
 あと、これは大丈夫だと思うけど、あまりに静寂が心地よくて目覚ましが聞こえなくても起きられるようにさっさと寝よう。

・睡眠時間は大事。
 慣れないことをやって気が張ってるし体も疲れていると思うので、それなりにしっかり寝ないと翌日持たない可能性大。
 特に、バイクツーリングみたいな場合だと運転中に意識が散漫になったり、体に不調が起こるかもしれないので、気を付けたい。

・お風呂の問題。
 シャワー設備がある場合は良いが、そうでない場合は温泉など近くにそういう施設がある場所を選びたい。
 汗臭いまんまでは買い出しに行くのもはばかられるし、連日キャンプの場合には1日の汗を流せるように、ちゃんとその辺の対策を取っておきたい。
 最悪湯を沸かして体を拭くだけでも違うので、折り畳みバケツ(手提げ袋状のものもある)を持っておくと便利。

・荷物リストを作ろう。
 チェック形式のリストを作って、忘れ物をしないようにしよう。
 現地についた後で、「あれ持ってくるの忘れた~…」となっても後の祭り…
 また確実に現地調達が可能な場合は荷物に入れなくても良いが、現地調達忘れが起こらないように、現地調達リストも併せて作っておいた方がいい。(現地調達リスト忘れた~!って事にならない様に留意。)

{}は波括弧?

僕より10歳は若い人と話してて、気づいたことメモ。

括弧の呼び名が、昔と今では違ってる。
昔は、括弧は「大・中・小」と呼んで区別していた。同じ順番で「[], {}, ()」。
今は、括弧は「角・波・丸」と呼ぶそうな。

話の中では、「え…中括弧ってどれですか?」と言われ、手で宙に描きながら「え?ふにゃふにゃっとした奴…?」などと表現したら伝わったけども、、、

検索したら、括弧についてという記事を書いている人もいた。

なるほど。

会社における無駄とは…

検索した際のTop3件をメモっておく。

業務の7大ロス
      1. 情報ロス
      2. 作業ロス
      3. 停滞ロス
      4. 物流ロス
      5. 能力ロス
      6. 時間ロス
      7. 品質ロス
仕事のムダを減らすためには、ムダを見える化すること

ムダをなくして効率化をするためには、ムダを相手に気づいてもらう必要があります。しかし、「これはムダです」と思いつきのように伝えるだけでは、相手が気づくことはありません。むしろ反発されるだけです。

そこで必要になってくるのが、ムダの度合いを数値化したり、仕事の流れの悪さを図解したりすることです。

人は、数字による比較や、絵で滞っている様子が見えると、理解が深まります。

業務効率化のメリットとは
      • ムダな作業がなくなる
      • コストをカット
      • 業務の見える化
出来そうなこと

担当者に、無駄を感じた作業について登録して貰う。
担当者には、以下の情報を入れて貰う。

      • プロジェクト
      • 作業項目
      • 作業時間
      • 無駄に感じた要因

⇒プロジェクトの締め処理をした際に、自動計算して無駄に感じられた時間を算出。
(プロジェクト進行中に見えると、返って問題が見えなくなる場合もあるので、最終的な振り返りを促す)

⇒可能ならば、各員のコスト計算も同時に行って、具体的な金額を見える化する。
(経営陣が作業現場の状況に目を向ける必要がある)

⇒業務の一環として、定期的な振り返りを行って、無駄についての評価を行う。
(会社全体として、なにが無駄になっているのかを評価しなくては意味がない。プロジェクト毎に行うのは効率が悪い可能性もあるので、四半期単位か半年単位で、目に付いたプロジェクトを題材に振り返るのが効率が良さそう。同時に、問題がなかったプロジェクトについても振り返り、なにが良かったのか評価して欲しい。)

続きを読む 会社における無駄とは…

Gitのコンフリクト解消の確認を、Windowsアプリで。

見つけたので、めも。
なるほど、gitの設定でこういうこと出来るのね…って感じ。(何年も前の記事だけど…)

【diffmerge】Gitのコンフリクト解消に便利なツール

記事と関係ないけど、diffツールというとWinMergeっていうのもあるけど、あれも使えるのだろうか?

会社で作成する書類(資料)について

 ふと「会社で作成する書類の書き方」みたいなものを、先日若い人に聞かれたことを思い出した。

 「どう、書くものなんでしょうか?」という、わりとフワっとした質問でした。
 既にある程度書いていたけど、なんかまとまりがない感じになってしまって長考…そんな流れで聞かれていたようだったので、まず最初に結論を書いてから、細かい話を書いたらどうかな…と答えた。最後に結論として締める書き方は、途中で発散した書き方をすると必ず締められない。
 大風呂敷は拡げ過ぎると畳めなくなる、の法則もあることだし。

 そもそもの話を考えてみると、会社でよく作成される書類というのは、基本的に「報告書」か「議案書(議題書)」になる。
 社会人になると最初に教わる「ほうれんそう」と同じ。「報告」「連絡」「相談」が求められている。

報告書とは

 「”X”は、”Y”である。」ということを纏めた書類。
 ”X”のことについて何も知らない人でも、「”Y”でしょ。」ってとりあえず基本的な答えを返せるようになる効果が得られるような書類。
 極端な話、タイトルで内容が100%判ればある意味で完璧。さらに細かいことを知りたければ、書類にじっくり目を通せばより詳しくなれる。というものが、報告書。

議題書とは

 例えば「”X”を、”Y”とするべきか?」という感じで、何かしらの問題”X”の解決策として”Y”を提案する…というように議題をまとめた書類。(もしくは、”Y”は駄目だから、”Z”にしましょう。みたいな場合も。)
 仕事時間は有限であるので、事前に相談の方向性を纏める形で議題を上げ、その書類に基づいて相談を進める。
 議題書の通りに話が進めば提案は通るだろうし、異論と共に難航すれば新しい議題にも繋がる。
 相談の経過自体も「議事録」の形で記録され、別途報告書として提出される。

従って—-

 報告書は…
 まず結論を書く。
 そして、その後に必要に応じて、詳細な情報を挙げて説明していく。
 最終的な纏めは、最初に書いているので、続く内容はひたすら掘り下げる(もしくは拡げる)為の情報になる。

 議題書は…
 まず提案を書く。
 その後に続けるのは、そもそも提案が発生した原因、具体的な対処例など、提案に繋がる道筋を示す情報を挙げる。
 その際は、単に「このようにすれば良いと思った。」というような事は避けて、可能な限り具体的な事例を挙げることが望ましい。

 というのが、結論的に言えそう。

Android使ってて急にアンテナが立たなくなった…

使ってるスマホは TORQU G01 って auスマホ。
OSは4.4.x系でそこそこ古い感じだけど、webやメール使うだけなら普通に動くので、中古で買って利用していたり。

1週間ほど前に唐突に通信できなくなって、最初は丁度データ通信制限設定の上限にしていた2GBで通信できなくなったので気にしてなかった。

しかし、実はアンテナを拾わなくなってた

 ということに後で気づいて、週末にそもそもUQ mobileの契約内容どうだっけ?とか、ちゃんと契約状況OKなのか確認したりしつつ、ググってみるとこんな質問とかあるし。。

 WiFiや機内モードをON/OFFしたり、再起動したり、モバイルネットワークの接続設定を再設定したりするうちに気づいたらアンテナが立ってた。。

なにが原因で接続できなくなっていたのか

 これは結局のところ不明だけど、「WiFiや機内モードをON/OFF」というあたりのような気がする。

id, identity, identifier

IDカードのIDと数学のidentityは違う。アメリカ英語では identifierがIDと同義になるらしい。
“Identity” と “Identifier” を混同して “ID” と言わないように
identityとidentificationの違い – この二つはどちらも同じ名詞で

Mayaの makeIdentityコマンドの説明に ID変換 と書かれてなんのこっちゃ?と考えてしまったので、メモしておく。
makeIdentityコマンドのは、たぶん identity function とかを直訳したのではないかと思われるけど、それなら恒等変換とかになるのかしら?行列変換の方の話題なので。

maya 2016 Evaluation Manager

2016 ext1で追加されたという機能。(日本語名:評価マネージャ)

要点的には、マルチコア全盛の時代にシングルプロセスでちまちま計算かけるのは勿体無いので、コアいっぱい積んでたらバリバリ使って計算します。という機能ですね。

まだモジュール間の評価に齟齬(というか、もはやパラドックス的な感じ?)が多いだろうし、完全な形で使えるようになるには時間が必要かもしれないけど、動作が安定し始めたらかなりウェルカムな機能かもしれない。

[iTunes] アルバムを表示したときに収録曲が全部まとめて表示されない場合

めも。


アルバムを表示したときに収録曲が全部まとめて表示されない場合
iTunes で「アルバム」表示にしたときに、同じアルバムの収録曲がすべてまとめて表示されないことがあります。

iTunes ライブラリをアルバム別に整理したときに、同じアルバムの収録曲が、別々のアルバムの中に表示される場合があります。
同じアルバムの収録曲が 1 つにまとめて表示されない原因としては、以下の 3 つが考えられます。

1. アルバム名が少し違っている。
2. コンピレーションアルバム (さまざまなアーティストの曲を収録したアルバム) である。
3. アルバムの一部の収録曲のアルバムアーティストが違っている。

対処法は、ここを参照

メモリの動作クロック と CL(CAS レイテンシ)の値

動作クロックが早くなると、レイテンシの値も大きくなる。
クロックが早まれば単位時間当たりにカウントされる回数も増えるので、タイミングを取りづらくなって待つ回数も多くなりがち…という話なんだけども…説明が面倒なので、めも。

>CLの数値が低いメモリより、数値の高いメモリのほうが高額なのはなぜですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223447227

OpenOffice Calc でPythonスクリプト

どうやんだべ〜?って感じだったので、メモ。

基本的には、下記に書かれてる感じで。

>OOoPython/CalcOverView
http://hermione.s41.xrea.com/pukiwiki/pukiwiki.php?OOoPython%2FCalcOverView

でもサンプルをコピペしたら、インデントがズレてて動かなかった。。
インデントを自分で揃える必要あり。

以下は揃えたもの。

ここのサイトの情報を読みながら動きを確認していけば、大体のところは判ると思われる。

検索エンジンにホームページを載せるには…

めも。

>Yahoo!やGoogleの検索エンジンにのせるには?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1353958793

>自分のサイトを検索に載せる方法
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410853659

その後

 実際に試してみると、確かに検索結果に出てきた。(1週間〜10日くらい掛かったかな…)
 ただ、上位にでてくる為にはそこそこ検索されている必要がある。

 自分が実施した際には、2〜3ヶ月くらいして先頭まで登ってきた感じ。
 検索ワード&検索のヒット回数&実際にクリックされた回数の結果が基本だと思うので、競合の多いものだと相当な時間が必要になる気がする…