DirectX12のマルチGPU

 OpenCLとかRadeonのCrossFireばかり気にしていたけど、DirectX12のマルチGPUの機能が思ったより凄いかも。
 RX580で2万くらいの出物があったので、手元のRyzen2700X+RX570とセットでTimeSpy(futuremarkのベンチマーク)を試してみた。

 スコアはTotal:7726, Graphic: 7600(Test1:51.58, Test2:42.11), CPU:8534だった。
 ググってみると Ryzen1600X+RX580でTotal:4156というのを見つけたので、どうやらマルチGPUでそこそこ性能が出るというのは嘘じゃなかった。

 しかもDirectX12のEMAという機能は異機種混合を可能にするらしくて、単なるモデル違いだけでなくメーカー違いもサポートする模様。またGTX970x2ではSLI接続より効果が上がったという結果も見つけたので、そもそも技術的にかなり最近のGPUのレンダリング パイプラインを効率化する方法を導き出したということのような気がする。

 …のだが、そんなに凄いという噂を目にしなかったのは、単にそちら方面にアンテナ伸ばしてなかったからなのか、それともじつはそこまでの効果が出ることが稀なだけなのか。

 実のところ、そこら辺がよく判らないでいる。

その後

 DiRT Rallyを動かしてみたら、RX570単体が平均で60fps前後 ⇒ RX580+570では100fps超になっていた。1.6~1.7倍ほど処理が増大した。そもそも、RX570⇒RX580で12,13%早くなってるというのもあるけど、かなり上乗せされてる感じがする。
 DX11のゲームなので、DX12ネイティブなゲームだともっと上乗せされるのかしら。

Z80アセンブラ

Javaで書かれたアセンブラがあったので、めも。
※vgmplay-MSXで使われていた。

https://bitbucket.org/grauw/glass
https://www.msx.org/forum/msx-talk/development/glass-z80-assembler?page=5

こっちは同じ人の書いてる vgmplay-msx
https://bitbucket.org/grauw/vgmplay-msx

間違って X68kのエミュ環境消してた..

めも。

掲題の通り。
せっかく作っておいた環境を消してしまって、作り直しが必要…といってもHDDのデータは別途残っているので、SCSI-HDD起動環境の復旧という感じだけど。

まず、必要なのがエミュ。
基本はXM6だけど、最近はTypeGやXM6iが更新続けているのかな?
とりあえずTypeGを用意した。

次にBIOS。
これは公開されたものが、X68000 Libraryで保全されているのでそれを用意。

CGROMの事を書き忘れてた…
ここを参照のこと。
まあ「XM6 CGROM」で検索すると違法なのが出てくるけど、実機ない人は手を出さない方が無難…

HDD起動には、選択肢が幾つか(SASI, 内蔵SCSI, 外付SCSI, SxSI(SASI改造))ある。
自分の場合、外付けSCSIボードの実機があってROMデータあるし、SCSIイメージもその環境で作っているので、それを使う。

あとSCSIHDDのイメージが2Gベースなので、ch30_omake.sysを用意する。
元々はXellent30付属のBOOTプログラムだけどいろいろ対策が入っていて、その中に1G以上のHDDをちゃんと認識してくれる機能もあるっぽくて、これを使うと自分の作った2G-HDDのイメージでも起動できる。

ch30_omake.sysの適用方法

めもの本題。
ch30_omake.sysの適用方法としては、DB.XでSRAM領域にロードする必要がある。
しかし、エミュ環境の場合別にX68環境でDB.Xを使うまでもなく、SRAM.DATの書き換えでいける。

SRAM.DATをバイナリエディタ(Bz)で開き、0x0100にカーソルを合わせてch30_omake.sysをコピーすればOK。

コピーした後にXM6を起動して、SWITCH.XでSRAM起動を設定すればブートメニューが現れる。

実機の時は、ここに書かれているような方法が必要。
そういえば1G超のHDDの場合、GOVERHD.Xでおまじないしとかないと起動以前に認識されないかも。

8bitパソコンとWindows機でデータのやりとりって…

テープ機種の場合の面白い方法を知ったので、めも。

実機での動作テスト【X1でゼビウスを作る】
レトロゲーマーへの道~JODAN-DOSを手に入れろ!アゲイン

カセット・アダプタ

なるほど、この手があったか…って感じ。
リンクのアダプタはX1F(model10)で稼働実績あるようなので、これが良いのかもしれない。

volumio の webUI を表示するには..

 ブラウザのURL入力欄に、以下のいずれかを入力。

 ・http://volumio
 ・http://volumio.local
 ・raspberry pi に割り当てられたIPアドレス

 なんで volumio と volumio.local の2種類があるのか?とか、IP指定でないと繋がらなくある場合があるのか?とかは、よく判っていない。。

どうもBonjour 環境で繋ぐ場合に、.local という記述が意味を持つ模様。
第13回 TCP/IP環境に革新もたらすZeroConfネットワーク「Bonjour」~概要と仕組等~

 
 安定はIP指定。
 (つつがなくvolumio が動作していれば “http://volumio” で接続できた。)

volumio1.55 を raspberry pi (model B)で。

 ずーっと放置していた。
 知人のIさんからも暫く前に薦められていたけど、ようやく正月の宿題としてやってみた。

 …といっても、もうやりつくされているので、忘れちゃ困る一点だけメモっておく。

NASの設定を間違えてはならない

 この点をミスってしまうと、NAS設定にゴミが残る。
 そして、なにより困るのが、MPDの動作がおかしくなる。
 具体的には、MENU の MAIN 以外の項目の設定後の動作(設定保存)が無反応になり、なにも設定変更できなくなってしまう。(後述する設定ページの “remove this mount”(マウント設定の削除) も当然機能しない…)

 したがって設定する際は、
 必ず正しい内容を間違えないように入力(および保存)すること。

 基本的には、Volumio 1.5 で apt-get upgrade をしたら NAS が mount できなくなった…に書かれている点を注意するくらい。

(MENU > Library > + ADD NEW MOUNT 画面にて)
+ show advance options を開く.
Mount flags の欄に,”,sec=ntlm” を追加.
これは mount.cifs のデフォルトのはずなのだが,なぜか明示的に指定しないと接続できない.

これでマウントできれば OK.

 
 (忘れるとエライことになるので)自分の設定もメモっとく。

その後

 再びSDカードにイメージを書くところからやり直すと、どういうわけだかまたNASを認識してくれなくなった。(書き残した設定を使っているのに。)

 結局 volumio2 を使え。ということなのか…
 (重くて Raspberry Pi model.B では辛いのだが。)

 あと、volumioはめっちゃSDカードに書き込みするようなので、カード寿命はあまり長くなさそうです…(´д`|||)

MGSC

MGSDRV向けの mml->mgsコンパイラがgithubに公開されていたので、メモ。

>MGSC@github
https://github.com/digital-sound-antiques/mgsc

>MSXplay.js
>※こちらはmgs形式など、MSX向けサウンドドライバ向けプレーヤ(及び、コンパイラ)
http://digital-sound-antiques.github.io/msxplay-js/index.html

[iTunes] アルバムを表示したときに収録曲が全部まとめて表示されない場合

めも。


アルバムを表示したときに収録曲が全部まとめて表示されない場合
iTunes で「アルバム」表示にしたときに、同じアルバムの収録曲がすべてまとめて表示されないことがあります。

iTunes ライブラリをアルバム別に整理したときに、同じアルバムの収録曲が、別々のアルバムの中に表示される場合があります。
同じアルバムの収録曲が 1 つにまとめて表示されない原因としては、以下の 3 つが考えられます。

1. アルバム名が少し違っている。
2. コンピレーションアルバム (さまざまなアーティストの曲を収録したアルバム) である。
3. アルバムの一部の収録曲のアルバムアーティストが違っている。

対処法は、ここを参照

Computer Chronicles

昔の番組らしい映像をYouTubeで見つけたので、めも。

あとで調べてみると、司会者の一人は、CP/Mを開発したゲーリー・キルドールその人でした。

 
>C64

>Macintosh

>Windows98 & Linux

 リーナス・トーバルズの映像は初めて見た。
 日本じゃ拝むことないような気がする…

MAXで chiptuneシンセを作る

MAXパッチを構築することについて、いろいろ考察を含めて書かれたドキュメントを見つけたのでメモ。

>PhillPhelps-ChiptuneSynth.pdf
http://www.zenpho.co.uk/PhillPhelps-ChiptuneSynth.pdf

メモリの動作クロック と CL(CAS レイテンシ)の値

動作クロックが早くなると、レイテンシの値も大きくなる。
クロックが早まれば単位時間当たりにカウントされる回数も増えるので、タイミングを取りづらくなって待つ回数も多くなりがち…という話なんだけども…説明が面倒なので、めも。

>CLの数値が低いメモリより、数値の高いメモリのほうが高額なのはなぜですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1223447227

実機で聴くVGMカセット

めも。

>(FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー)
http://www.amazon.co.jp/dp/B018I0R4OS/

その後

 第二弾も出たし、CDが発売になっている…(´・ω・)
 CDは正直本末転倒な気もするけど、実機の音をいつでも聴けるのはメリットなのか。あと聴くだけと考えればCDの方が安いね…実機へのこだわりがすべてとも言える作品なんだけども…(´・ω・
)

>(FC/FC互換機用) 8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー)Final
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MQU3LW5

>8BIT MUSIC POWER (8ビットミュージックパワー)
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01LW4AAA6/