JVC HA-FX850

結局、イヤホンを買った。

対抗馬は、SONY XBA-H3。
ただ、解像感の高い出力デバイスとしては、ULTRASONE Edition8を持っているので、今回は敢えて異なる性格付けのJVC HA-FX850を選択した。

特徴は『美しい響きと自然な音の広がりを実現する』と謳っている、ウッド素材を使ったハウジングや出力ユニットの構造。

ファーストインプレッション:

イヤホンなのに音場の拡がりを感じる。
謳い文句通り、音場の拡がりはこのイヤホンの最大の特徴。
低音寄りの性格。音の輪郭を際立たせるような解像感の高さは感じない。
高音寄りじゃないので、音の刺さりはない。

追及する人向きとしてはイージーリスニング向けかもしれないが、落ち着いてオーディオ聞く人向けにも悪くない感じがする。

Edition8が演奏者を目前に前のめりで聴いている感じだとすると、FX850は後ろ寄りの席でゆっくり落ち着いて聴いている感じ。

悪いところ:

低音寄りのせいか煌びやか・華やかさといった印象は薄い。

MP3でポップスなど聞いた際には中高音(特に中音部)が若干埋もれ気味に聞こえる。ただこの設定が音の余韻を生んでいて、結果として優れた拡がりを感じる印象になっているようにも思うので、短所と決めつけることはできない..

音が落ち着くまで辛抱して..(50~200時間くらいか、そのくらい使ってみて)印象がどう変わるかで本評価したい。

 

個人的には、値段分の価値はあると思う。(実売で3万弱)
ただこれは嗜好品としての評価で、実用一点張りの人から見ると値段ほどの価値がないという評価もありそうな(というより、実際そういう評価も見かけた)イヤホン。

オールラウンダーではない性格付けなのは確かなようだが、JVCといえばオーディオ派好みなメーカーイメージなのでこの性格付けは、自分には充分うなづけるものだった。

自分の場合、DSDでアナログ系の音源を聞く目的メインで、だいたいこんな評価。

【補足】

ハウジング(本体の筒)前後の取り付けパーツに開放口が空いているので音漏れはそれなりにある。(もしかしたら本体自体が鳴っているかもしれないが)
電車など音漏れを気にする場所では、音量に気を使った方が良い。

【蛇足..】

全くそのつもりではなかったけど、ふと思いついてDARIUS(ゲーム音楽)を聞いてみたら低音と音場具合がいい感じにマッチしてしまった。
普段、高音寄りのリファレンス系ばかりで聴いていたので凄く新鮮。

その後、FX1100を購入

 生産完了品をAmazonでタイムセール中だったので…
 確かFX850を購入した当時FX1100は出ていなかったけど、もし両方出てたらFX1100を買ってたと思う。
 違いは比較記事に散々書かれている通り、中高音の繊細さ。低音部分は、寧ろ感覚的には若干弱まっているようにも感じるが健在。

 バランスケーブル利用中なので、左右の分離は(アンバランスに比較して)良好。
 ※onso iect_03_bl4m というお試し価格帯のケーブル。NW-WM1Aにて再生。少し高音で刺さる感じの音が混じることはある。

 両方並んでいたら、迷わずFX1100だと思った。