REST APIでサイト情報も自由自在(に、なったらいいのに…)

 WordpressにもREST APIが開発されていて、既にバージョン2がβ版だったりする状況。

REST APIとは、なにか。という話は、置いておきたい…
基本的には、HTTPプロトコル(データのやり取りについての取り決め)で使う GET, HEAD, POST, PUT, DELETE.. といったコマンドベースのやりとりや、ステートレス性(やりとり1回毎に、手順は1から。繰り返しになっても、前の状態を持ち越さない。)という性質をもつWebAPIのこと。
WebAPIというのは、インターネット上でデータのやり取りを行うことを前提にしたアプリケーション開発用のインターフェース。

 …で、とりあえずインストールしてみたのですが、、、
 どうもマルチサイトサブディレクトリ運用しているコンテンツの場合、うまく動かない(もしくは、どこかに通常とは違う設定が必要っぽい…けどそれがなんなのか見当もつかず…)という結果に。。

 いろいろ設定をいじってみるも、返ってくるのは「rest_no_route」の一点張り…orz

 別のAPIでxmlrpcというのがあるのですが、こちらはRSSっぽくて最近の情報を大雑把に拾って返す感じのものでした。(投稿リストを取得しても、先頭1ページ分の情報しか返ってこなくて、そもそも基本全部欲しいという用途には向かない感じでした…)

で、ルートにWordpressをインストールしてみた。

 普通に動作することを確認。
 …マルチサイトサブディレクトリ運用って、そんなに特殊なんだろうか(T_T)

その後

 調べてみると、サブディレクトリに作るやり方は正確にはマルチサイトとは言わないらしい。
 ※そもそもそういう機能があるので…

 以前は、Wordpressのマルチサイト機能でうまく動かないようだったけど、今はそれも改善されたようなので、Wordpressで複数サイト運用する場合にはWordpressのマルチサイト機能を利用した方が良さげな感じですね〜(=_=;

エッジループの検索

どうやるんだろう…と思ったけど、「共有エッジを持つ2枚のポリゴン」という制限内で考えると、難しく考えることもなかった。

隣り合う4角形2枚の共有エッジの頂点2個のうちのどちらか一方だけに注目すると、
その頂点には共有エッジ以外に、2本のエッジが繋がっている。

…逆に言うと、「共有エッジを除いたエッジ」。
これを追えばいい。

あとは、隣り合うポリゴンをどんどん追っていけばいいことになる。

四角形以外にぶつかった場合

 選択肢は、基本2つ。

  • 追跡を中断する
  • そのまま追跡

 どちらにしろ、既存の面に辿り着くか、先がなくなったら追跡を止める。

modo 10.0 v1

modoがバージョンアップしたら、過去の3桁表示の(801,901,902..みたいな)バージョン表記から、なんだかポリシーを感じない表記になってしまった感が…

https://www.thefoundry.co.uk/products/modo/latest-version/

 上記ページを見ると、基本的にリアルタイム系のゲームエンジンとの親和性を強調していて、今までの映像系創作ツールから一転、ゲーム系ツールの路線になった感がある。

 バージョンを重ねた弊害か…
 ロボットの名称でいうと、スーパー・ほげほげ。とか、フルアーマー・ほげほげ。までならいいけど、フルアーマー・スーパー・〜とか、フルアーマー・スーパー・〜mkIIとか、フルアーマー・スーパー・〜mkII・ヘビーアームズとか、代を重ねるにつれてゴテゴテと修飾が増えた。みたいな話でソフトも代を重ねると昔のアーキテクチャを継承し続けると、どんどん歪になっていく。
 車のように3〜5世代ごとにフルモデルチェンジをして全く新しい試みを入れていくか、そもそも単機能のソフトの連携で成り立たせるかしないと、恐竜のようにある日突然滅びそうで怖い。
 単機能ソフトの集合だった場合、連携の為のアーキテクチャとより汎用的なフォーマットの開発や適用が必要になるし、そもそも全く新しい技術要素の場合のUI部分をどうするのか?という問題が出てくるけど、UIに関してだけはフルモデルチェンジ方式を併用するのが得策かなーと思う。
 なんか、そういうモジュール形式の3Dソフトが出てこないかしらw

 話を、modo10.0v1に戻すが…
 最近のPC+ゲームエンジンの組み合わせはかなり高度な表現力があるので、ラピッド・プロトタイピングが有効なプリプロ段階の作業ではそこそこ意味を持つように思うし、そのままプロダクション作業に持っていけるような量産システム構築まで出来ていれば、それはそれで意味を持つ気がしてくる。
 ただ結果として、デザイナが現在よりもっと働くことになるだけ…という結末も見えてくるのは、ちょっと悲しい、、、

 概ね「資本主義=合理主義」なのでどうしようもない部分もあるけど、もっと幸せな働き方の模索は必要だよなー、なんて思ってしまった。。