マヤ道!!

 前日発売になったマンガ形態の、Autodesk Maya 解説本です。

 途中でふと値段を見ると、なんでマンガ本が二千円超えてるのか?…とか。はた、と考える事もありそうですが、あくまで解説本な上にそれをわざわざマンガ仕立てにすることを考えたら、寧ろ安いかもしれないです…(´・ω・`)

 内容は、リガー入門であると同時にモデラー向けの啓蒙本(データを綺麗にすることの真意を説いた内容)になっています。

 この本だけ読んで、すぐさま役に立つ人達というのは、実際にプロダクションに入って働きたい学生さんや既に入っている新人さん(特にリガー)ですが、それ以外の方でも、何故リガーがデータの造りに執拗にこだわる面があるのかを知るのにちょうど良い内容かと思いました。

 機会があったら、手にとってみては如何かと。

Amazonの登録は以下。
https://www.amazon.co.jp/dp/4862463290