会社における無駄とは…

検索した際のTop3件をメモっておく。

業務の7大ロス
      1. 情報ロス
      2. 作業ロス
      3. 停滞ロス
      4. 物流ロス
      5. 能力ロス
      6. 時間ロス
      7. 品質ロス
仕事のムダを減らすためには、ムダを見える化すること

ムダをなくして効率化をするためには、ムダを相手に気づいてもらう必要があります。しかし、「これはムダです」と思いつきのように伝えるだけでは、相手が気づくことはありません。むしろ反発されるだけです。

そこで必要になってくるのが、ムダの度合いを数値化したり、仕事の流れの悪さを図解したりすることです。

人は、数字による比較や、絵で滞っている様子が見えると、理解が深まります。

業務効率化のメリットとは
      • ムダな作業がなくなる
      • コストをカット
      • 業務の見える化
出来そうなこと

担当者に、無駄を感じた作業について登録して貰う。
担当者には、以下の情報を入れて貰う。

      • プロジェクト
      • 作業項目
      • 作業時間
      • 無駄に感じた要因

⇒プロジェクトの締め処理をした際に、自動計算して無駄に感じられた時間を算出。
(プロジェクト進行中に見えると、返って問題が見えなくなる場合もあるので、最終的な振り返りを促す)

⇒可能ならば、各員のコスト計算も同時に行って、具体的な金額を見える化する。
(経営陣が作業現場の状況に目を向ける必要がある)

⇒業務の一環として、定期的な振り返りを行って、無駄についての評価を行う。
(会社全体として、なにが無駄になっているのかを評価しなくては意味がない。プロジェクト毎に行うのは効率が悪い可能性もあるので、四半期単位か半年単位で、目に付いたプロジェクトを題材に振り返るのが効率が良さそう。同時に、問題がなかったプロジェクトについても振り返り、なにが良かったのか評価して欲しい。)

続きを読む 会社における無駄とは…

Maya起動用ランチャー

少し前にMayaをコマンドラインから起動する件を投稿したけれど、なかなかコマンドラインやら環境設定やら難しい…という場合も多そうだよな。と思ったのでググってみたら公開している人がいらっしゃった。

arubertoson/maya-launcher

Pythonで単純に設定を管理するタイプのコマンドライン・スクリプトだけど、要はこういう話なので参考になるかも。

過去の投稿

VSCodeの環境を入れる

この辺かな~って感じのメモ。

会社ではVSCode利用者増えたし、そろそろ重い腰を上げてみようかと思ったり。。
※今回は、基本インストール不要のポータブル環境を検討。

いまさらQuickTimeのAtomの内容を収集する処理を書いてみる

metadataを取得したい。みたいな話があったのだけど、QuickTimeの場合はmetadataというかAtomの値を取得する感じでデータ取っていた記憶があるので、いまさらPythonで情報を取得する実験。

さすがに1から書くのも面倒なので、誰かコンテナ取得する処理書いてないかな~と検索したらいらっしゃいました
Mp4のファイルのコンテナを読み込む処理だけど、基本同じなので問題なし。

Python3.7で動かすと、そのままでは動かなかったのでちょっと手を入れつつ、必要なAtomの情報を取得できるようにAtomの情報を取り込んだり、対象のAtomを探しつつ読み込んだ情報を取得する簡単な処理を追加。

…で、一応FPSとか秒数を計算させてみた。
ざっくり、こんな感じで結果が出た。(’mvhd’, ‘stts’のAtomから、duration, TimeScale, SampleCountを取得)
※QuickTime7.7.9利用。エンコードはアニメーション、5秒(120フレーム)分を24FPSで出力。

以下、コード。
続きを読む いまさらQuickTimeのAtomの内容を収集する処理を書いてみる

Mayaのシーンが表示されるパネル

モデリングしたりレイアウトする時に使うパネル。Helpでは、まずビューと呼ばれている領域。
“modelPanel”というコマンドで用意出来るんですが、作る以前にデフォルトで存在しているこのビューの領域をスクリプトからどうやって弄るのか?というのは、結構疑問だったりする訳です。

まず「getPanel -wf」。
直前にフォーカスを持っていたパネルが取得できます。perspビューでオブジェクトを作成して、その後スクリプトエディタを開いて「getPanel -wf」を実行すると、perspビューのパネル名称を取得できます。(スクリプトエディタのパネルにフォーカスが移動するので、都合直前にフォーカスを持っているのはperspビューのパネル。という事になります。)

「getPanel -type “modelPanel”」を実行すると、下記のようになる。

 
4枚modelPanelが存在するという事です。実際、「top, front, side, persp」があるので4枚です。

modelPanel -q -l “modelPanel4″」を実行すると「// Result: Persp View //」が返ります。

逆に「getPanel -withLabel “Persp View”」を実行すると「// Result: modelPanel4 //」が返ります。

「modelPanel -q -cam “modelPanel4″」を実行すると「// Result: persp // 」が返ります。
※同様に「modelEditor -q -camera “modelPanel4″」でも「// Result: persp // 」が返ります。

予め「camera1」を作成しておいてから、「modelPanel -e -cam “camera1” “modelPanel4″」を実行すると、perspビューは「camera1」からの視点に変更されます。
同じことは「lookThru modelPanel4 camera1」でも可能です。(modelPanel4 –> perspView 置き換え可能。)

lookThruコマンドは、ビューへのカメラ設定専用コマンド。
ニア/ファー・クリップの値設定も可能。

 
先ほど少し触れた「modelEditor」コマンドを使うと、ビューの表示制御もできます。
予めシーンに「cube」を作成しておき、「modelEditor -e -displayAppearance “flatShaded” “modelPanel4″」を実行すると、画面表示がシェーディングモードに変更されますし、「modelEditor -e -displayTextures on “modelPanel4″」だと、テクスチャ表示がONになります。

「cube」を選択して「viewFit」コマンドを実行するとcubeが画面に収まるようにカメラ位置が調整されます。
viewFitは、アクティブなビューに対するコマンドなので、スクリプトで実行する場合には事前に対象のビューをアクティブに設定する必要があります。(例えば、perspビューならば「setFocus modelPanel4」を実行)

コマンドによって、オブジェクト名(modelPanel4)ではなくラベル名(“Persp View”)で指定できるが、コマンドにより異なるので留意。

Mayaをコマンドラインから立ち上げる

前回ちょっとしか書かなかったので、もうちょっと追加。

自動実行のmelを利用するには、

拡張子”.mel” のファイルを作成して、その中にmelで実行したい処理を列挙していけばOK。

もしバッチ実行ではない場合は、実行する処理の最後に quitコマンドを記述しておくことで、自動的に終了させることも可能。
但し、usersetup.melやusersetup.pyで起動時に独自に起動処理を設定している場合や、起動直後に新機能などを表示するダイアログを自動表示させる設定になっている場合には終了に失敗する場合があるので、まずはダイアログを自動表示させる設定はOFFにしておいて欲しい。
起動処理を設定している場合は使用しないように対処したり、evalDeferredコマンドを使用して、自動実行したい処理を遅延実行させるような対応が必要になる。

上記のように、バッチ実行ではない場合には自動終了時に面倒が起こる場合があるので、GUIや画面表示が存在しなくてはならない処理を実行する必要がない場合以外は、基本バッチモードでの実行が無難。(但し、playblastなど画面表示の機能が稼働していないと動作が得られないものもある点に留意。)

そういえば、参考サイトのサンプルのバッチファイルの記述では、Maya.exeを起動した場合にはスクリプトの自動実行を行わないような内容になっているが、MayaもMayaBatchもその辺りの設定項目は同じなので、通常のMaya起動からの自動実行もバッチファイルを少し変えてやれば可能になる。
一番最初のハードルは

環境設定群だと思う。
とても基本的な部分なのだが、通常は特に設定を変更する必要なく使えてしまう部分な上、変更すると使えていたものが使えなくなってしまい、元に戻せなくて焦る…といったことも起こりやすい。
この部分を試すにしても、冒頭の参考サイトにあるバッチファイルによる設定が活躍する。
バッチファイルで実行するぶんには、Windowsに直接設定されている内容を汚すことはないので、存分に設定を弄り倒すことができる。(但し、既にWindowsに設定された内容を引き継いでしまう部分があるので、逆に設定を消すようなバッチファイルの記述が必要になる場合がある点には留意。)

環境設定の学習が進めば、複数の環境を切り替えながら使うことも出来るようになるので、頑張って習得するのが良いと思う。

追記

maya.envにて、環境設定をカスタマイズできる事を知らなかったもので追記しておく。