会社における無駄とは…

検索した際のTop3件をメモっておく。

業務の7大ロス
      1. 情報ロス
      2. 作業ロス
      3. 停滞ロス
      4. 物流ロス
      5. 能力ロス
      6. 時間ロス
      7. 品質ロス
仕事のムダを減らすためには、ムダを見える化すること

ムダをなくして効率化をするためには、ムダを相手に気づいてもらう必要があります。しかし、「これはムダです」と思いつきのように伝えるだけでは、相手が気づくことはありません。むしろ反発されるだけです。

そこで必要になってくるのが、ムダの度合いを数値化したり、仕事の流れの悪さを図解したりすることです。

人は、数字による比較や、絵で滞っている様子が見えると、理解が深まります。

業務効率化のメリットとは
      • ムダな作業がなくなる
      • コストをカット
      • 業務の見える化
出来そうなこと

担当者に、無駄を感じた作業について登録して貰う。
担当者には、以下の情報を入れて貰う。

      • プロジェクト
      • 作業項目
      • 作業時間
      • 無駄に感じた要因

⇒プロジェクトの締め処理をした際に、自動計算して無駄に感じられた時間を算出。
(プロジェクト進行中に見えると、返って問題が見えなくなる場合もあるので、最終的な振り返りを促す)

⇒可能ならば、各員のコスト計算も同時に行って、具体的な金額を見える化する。
(経営陣が作業現場の状況に目を向ける必要がある)

⇒業務の一環として、定期的な振り返りを行って、無駄についての評価を行う。
(会社全体として、なにが無駄になっているのかを評価しなくては意味がない。プロジェクト毎に行うのは効率が悪い可能性もあるので、四半期単位か半年単位で、目に付いたプロジェクトを題材に振り返るのが効率が良さそう。同時に、問題がなかったプロジェクトについても振り返り、なにが良かったのか評価して欲しい。)

何故、このようなことを思ったのか

 以前同じ業界で仕事をしていたが、現在在籍中の会社とは成り立ちが異なり良い面と悪い面を感じた。
 現在は比較的成熟しつつある会社だが、以前の会社は出来たばかりの所だった。出来たばかりであるが故に、横の繋がりが強く、現場の対応力が比較的重要視される現場で作業者もそういったことを念頭に置いた作業をしていたが、現在の会社は部署同士の繋がりが希薄で、とっさの対応に時間が必要になっている感がある。また、部署毎の負担も異なっているように感じた。
 部署のパイプ役となるマネージメント部署の疲弊が目立ち、退職する人も目立つ。
 結局のところ、関連する部署同士が連携して動けなくてはどうにもならないのだが、そういった問題を目にする機会もないので、気づきがない状況にある。(より正確には、気付ける人に限って忙殺されて最終的に退職…というネガティブスパイラルな感が強い。)
 また、トップダウンの気質もあり、問題が上に伝わらないので経営陣もこれに対応できていないように思われる。
 そのような状況を改善するには、結局問題を見える形にするしかないのではないか?
 …と感じている。

 以前の会社は逆にボトムアップ気質というか、社長が社長業を生業にしており、基本的に中間管理職の人が会社を動かす体制だったので、比較的現場寄りで動く会社だったのも要因かもしれない。

 どちらが良いかは状況によるので、特に今の会社が悪いとは思わないが、改善ができないと先がないと思われるので、改善が急務ではないか…とは思っている。