Pythonの高速化するならCythonで…

 という話もあるので、めも。

結論から言うと

 既にPythonで書いたコードがあるなら、Cython向けに既存のコードを整えて.pydを生成する方が楽かも。
 まだPythonで書いたコードがなくても、Pythonに親しんでいる人はCythonがいいかも。

 ならC言語使って.pyd作る理由なんてないじゃん。という意見も出るかもしれないけど、Pythonで閉じた環境で完結できるならそうだと思う。

C言語を使うメリットを考えてみると

 以下のようなことが思いつく。
 ・既にC言語で何らかの処理を書いている
 ・他のC言語ベースのライブラリを併用する
 ・Cで書く方が最適化の効果も得やすい可能性(Cythonとの比較で)
 ・並列化処理(マルチスレッド)の導入
 ・ゴリゴリにクロックやメモリサイズを削る最適化をしたい

 ただ、ゴリゴリに最適化する人はかなり限定されるハズなので、実際には既存のCライブラリの利用やマルチスレッドの導入がメインになりそう。

 DCCツール向けに開発している人だと、開発用のAPIはDLL提供されてるし、大量データの計算にスレッド処理も導入したくなるハズなので、頑張ってC言語を覚えるのも面白いのではないかな、と思います。

 Windowsだと環境整備が面倒、とかはあるかもしれませんが。。